ズワイガニよりずわいがにの通販


カニは年中通販で売れていますが、年末には飛ぶように売れます。カニのアフィリエイトだけで数百万も稼ぐアフィリエイト販売者だっているのです。とにかくカニは売れます。おせちも売れますけどね。

ウニやアワビ、エビだって年末には売れます。クリスマスやお正月という一大イベントがあるからです。

で、そうしたカニ、ウニ、アワビ、エビ、おせちを売ろうというわけですが、いまからあわててサイトを作っても今年の年末には間に合いません。競争相手が多すぎるからです。

というわけで、来年の年末商戦に向けてサイトを作っていくことになるわけですが、例外として、おもしろネタで日記ブログを書いているひとで、ある程度のアクセスがあるのでしたら食べ物系は売れますから、サイドカラムにでもカニの画像を貼っておくといいでしょう。

さて、カニをアフィリエイトするのですが、ズワイガニよりずわいがにを売って下さい。その方が売れやすいからです。


商品を売るときには、できるだけ競争相手の少ない市場を選ぶことが大切です。どうやってそうした市場を見つけるのかというと、実際に検索をしてみればいいのですね。あるいは、Googleキーワードツールを使ってもいいでしょう。

「ずわいがに」で検索をすると約918,000件がヒットしますが、「ズワイガニ」の場合は約7,150,000件もヒットします。けたが違いますね。

「ズワイガニ」でサイトを作るくらいなら、いっそのこと「カニ」でサイトを作った方がましです。カニの検索ヒット数は約2,250,000件ですから。

さらに、「ズワイガニ」の月間検索ボリュームは22,200件で「カニ」の月間検索ボリュームは550,000件です。どちらがいいかは一目瞭然。

サイトを作るときに、こうしたデータを見ないで、単に売れているからという理由だけで商品を選ぶ人が結構いますが、そんなことをしているといつまでたっても商品を売ることはできません。

ましてアフィリエイトは仕入れをする必要がありませんから、競争相手はどんどん増えていきます。ですから、検索結果を確認して、自分が勝てそうな市場を見つけることが重要になります。

ただし、月間検索ボリュームが少ないからといって、その商品のアフィリエイトをあきらめてはいけません。

たとえば「ずわいがに」だと月間検索ボリュームは590件しかありませんが、検索をしている人は確かにいるわけですから、やってみなければ結果は分かりません。検索ボリュームは常に変動しますから。

マーケティングリサーチをすることは、アフィリエイトでも大切なことなのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. fruitfruit より:

    こんばんは、アイアイビズ倶楽部の会員です。
    この記事の『サイドカラムにカニの画像を・・・』を日記ブログで実践していたら本当に(楽天で)購入されていてビックリしました!!

  2. 岩隈 より:

    おめでとうございます (^^)

    年末になるとカニの画像はクリックされますよね。
    日本人の本能なのでしょうか。

    日記ブログだと商品が売れないと思っている人がいますが、そんなことはありません。
    商売気を出すとダメですが、さりげなく商品を紹介すると、むしろ日記ブログのほうが売れたりします。

    いろいろやってみるとおもしろいですね。