20~30代の女性、93.2%が体型に不満


楽天市場の「ランキング市場」を見ると、食品系ファッション系の商品も売れていますが、ダイエット系商品はいつでも需要があります。ランキングを見ながら「レビューの数」を見ていくと、長く売れているダイエット系商品がけっこうあり、関心が高いのが分かります。

マーケティングリサーチを行う株式会社メディアインタラクティブの調査によると、20~30代のダイエット経験がある女性では、自分の体型に満足をしていない人が、93.2%もいました。

そのうち65.8%は「自分は太っている」と感じていて、痩せている、もしくはちょうどいいと回答したのは、3割強でした。

「痩せている」「ちょうどいい」とは思っていても自分の体型には満足していない女性がたくさんいるわけです。どこに満足していないのかというと、プロポーションのようで、「メリハリをつけたい」「足を長く見せたい」などの意見が多く見られます。

20~30代の女性ダイエット経験者・意識調査/93.2%「体型に不満」


楽天市場に戻って商品を見ていくと、「お腹をしっかり凹ませて、ヒップに丸みと高さをつくり、太ももを引き締めて、骨盤までしっかりサポートします」という骨盤ガードルが相変わらず売れています。

「ヤバイ、もうすぐ夏だ!このたるんだお腹や太ももをなんとかしなきゃ」という、よく耳にするフレーズの美脚マシン「レッグマジックX」もまだまだ売れています。

電脳卸の「女性向け商材コレクション」には、脱毛系商品のほか、バストアップサプリ、脚やせ、ウエスト引き締め商品があります。情報商材でも脚やせやバストアップに関するものは、長く売れています。

上であげたアンケート調査からみても、こうした商品が売れなくなることは考えられませんね。

もうひとつ、女性の場合は「ネットでみたから買った」というひとは意外と少なく、雑誌やテレビで見た商品をネットショップで買うという傾向が強いという調査結果もあります。

男性の場合、こうした不変の需要がある商品は、育毛系、ED対策系あたりでしょうか。

こうした商品は、人間が存在する限り売れ続ける悩み解消系商品です。しかも、食品と違って、その辺のお店ではなく、人目につかない通販で買いたいと思う商品です。

こういうのは、じっくりとコンテンツを作っていくと、将来必ずアクセスが得られるサイトになります。競争相手も多いのですが、需要も多いので、そこそこ売れますから、長い目で見てサイトを作り、アフィリエイトをした方がいいですね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする