コンテンツの品質を評価する基準


Yahoo!カテゴリーに登録をされているサイトは、Yahoo!が持つドメインの力(PageRankの強さ)によって評価が上がり、Googleの検索結果でも上位に表示されます。

また、Yahoo!カテゴリーの場合は、人間の目で見て評価されたサイトだけが登録されるという点も大きいかもしれません。品質がいいコンテンツだと予測できるからです。

同じように、人間の目で見て「このサイトには、また来てみたい」と思って登録されるのがソーシャルブックマークです。

ただ、ソーシャルブックマークの場合は、サイトを作った本人自身がアフィリエイトサイトを登録しまくるという不正を行ったため、いまでは検索エンジンの評価にあまり影響を与えません。

いま注目されているのは、TwitterやFacebookというソーシャルメディアで取り上げられたサイトやページがどう評価されるかということです。評価されるのか評価されないのか。


これについてGoogleは次のように「影響する」と回答しています。

TwitterやFacebookで共有されたリンクが検索順位に直接影響する

——————————–
サリバン:ツイートした人物に応じて、リンクを加重するような計算を行っていますか?

グーグル:はい、これをシグナルとして利用していて、特に(Googleリアルタイム検索の)「トップリンク」セクションでは重視しています。オーサー・オーソリティはページランクから独立していますが、通常のウェブ検索ではのところ限定された状況でのみ利用されています。
——————————–

ソーシャルブックマークにnofollow属性がついて、被リンクとしての効果がほとんどなくなったように、ソーシャルリンクを獲得しても被リンクとしての効果は期待できません。

しかし、ソーシャルメディアで取り上げられている話題は、即時性があるものと考えられるので、新しいコンテンツが好きなGoogleは、検索結果の上位に表示しようとするかもしれません。というか、そうするとGoogleは答えていますね。

また、TwitterやFacebookというソーシャルメディアは、その手軽さゆえに、いまではブログに取って代わるネットメディアになっています。利用者が圧倒的に多いということです。

ですから、あるサイトやページがソーシャルメディアで多くのユーザーに取り上げられている場合は、そのコンテンツの質がいいと予想できます。ソーシャルブックマークと違って利用者数がけた違いに多いので、フォロー/フォロワーの数から自作自演かどうかも分析できるようです。

ただアフィリエイトの場合は、独自コンテンツで集客をしているサイトがソーシャルメディアに取り上げられることはあるかもしれませんが、純粋な商品紹介サイトの場合は、なかなか取り上げられないかもしれません。

ですが、その商品について興味深い記事を書いていたり、トレンドを先取りしているようなときにはTwitterでつぶやかれることもあると予想できます。自分で実際に購入をして使っている様子を記事にするレビューアフィリエイトでは、十分可能性があります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする