アフィリエイトで稼げなくなるブログ

[`evernote` not found]

このところパンダアップデートの話題が多いですが、アフィリエイトをしているなら対応策をとらないと、突然報酬ゼロということにもなりかねませんから、また今回も同じ話題になってしまったりします。

Googleはほかのサイトからコンテンツを集めて作っただけのページおよびサイトを、検索結果に表示しないようにしようとしています。もちろん、コンテンツがほとんどなかったり、記事量産ツールで作ったワードサラダのページは論外です。

また、下記Google公式ブログで指摘しているように、商品を購入させるためのリンクが多すぎるサイトも品質が低いサイトだと見なされます。アフィリエイトリンクだらけのページがそうですね。

What counts as a high-quality site?

で、Does this article have an excessive amount of ads that distract from or interfere with the main content? (メインコンテンツの存在を損なうほど多くの広告がないか?)と書いてあります。


ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)で提供しているウェブサービスを使って一ページに数多くの商品を紹介してはいけないということです。

また商品を紹介するときには、ECショップにある商品詳細文を参考に記事を書くことが多いと思いますが、コンテンツには独自性が求められますから、その記事にはECショップで提供している情報以外にもっと付加価値のある情報が必要になるのです。

ですから、商品詳細文を適当にリライトをして、Yahoo!知恵袋にあるQ&A記事をそのまま参考資料としてコピペしたりしてはいけないということです。そういうサイトって結構多いですが、もしあなたのサイトがそうした構成になっていなければ、これからビジターが増えていく可能性があります。逆でしたらビジターは減っていきます。

Yahoo!知恵袋からキーワードにマッチした記事を引っ張ってくるツールが売られていたりしますが、そうしたツールで作ったページでは、アフィリエイトで稼ぐことができなくなります。

ただ、Yahoo!知恵袋のようなQ&Aサイトは、商品を紹介するときにとても参考になります。ですから、全く使わないという選択をする必要はありません。

新聞記者やドキュメンタリーライターが複数の取材源からひとつの文章を作り上げるように、Yahoo!知恵袋のようなQ&Aサイトの中の記事をいろいろと見て、独自な視点でまとめれば、質の高いコンテンツができあがります。

そうした努力をしないアフィリエイトブログは、そのうち全く稼げなくなる可能性があります。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする