リライト用の記事を買うのは無駄


ブログ用の記事が販売されていますが、買わない方がいいと思いますよ。時間を無駄にするだけですから。

ブログを診断して下さいという依頼で見たブログの記事、どこかで見たような文章なんですね。脚やせに関するブログだったのですが、文章自体はよく書けていますし、内容も悪くはない。でもどこかで読んだことがある気がするのです。

著者名も思い浮かびました。脚やせについての書籍を出されている、その方面ではわりと有名な方です。

どうしてわたしがその方の文章を見たことがあるのかというと、書籍を買って読んでいたからです。脚やせダイエットに関する商品をアフィリエイトするために知識が必要でしたので、その方面の書籍を6冊購入して読みました。その中の一冊です。


わたしが「よく書けている記事ですが、ご自分でお書きになったのですか?」と尋ねると「記事を購入してリライトをした」ということでした。

そこで、わたしはまた尋ねました。「こうした方面に詳しいのですか?」と。

彼が言うには、詳しくないので記事を購入してリライトをしたというのです。

「それって面倒じゃないですか? 知識がなければリライトに時間がかかると思いますが」
「ええ、時間はかかりました」

そりゃそうです。自分に知識がないことを書いている文章を書き直すのは、すごく大変なのです。だって、どこをどう書き直せばいいのか見当がつきませんから。

一生懸命書き直しても、知識がないのであまり代わり映えのしない文章になってしまいます。それで、書籍を読んでいたわたしには「どこかで読んだ文章だな。あの人かな?」と思えたわけです。

おそらくブログ用の元記事を書いた人は、その著者の書籍を読んでいます。ブログ記事にするために文章を書く人は、お小遣い稼ぎとして安い報酬で請け負っています。「文章で身を立てよう」と思っている人たちではありません。ですから、自分で読んだ書籍の文章に似た記事を書いても平気です。どうせリライトされる文章なのですから。

こうした記事をリライトしてできた記事も、オリジナルの文章を書いた著者の文章に似てしまいます。知識がないので、自分の言葉で書くことができないからです。

今回のパンダアップデートは、こうしたリライト記事を検索結果に表示させないようにしたいというGoogleの意思表示です。

検索エンジンにも評価されないし、お金がかかる上に、リライトに時間もかかる。全くいいことがありません。

ある商品をアフィリエイトしたいときに、その商品についての知識がないのなら、雑誌を買うなり書籍を買うなりして、自分で知識を仕入れればいいのです。

その知識は、ほかの似たような商品を紹介するときにも使うことができますから、書籍を読む時間は無駄な時間にはなりません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする