サテライトサイトの量産は馬鹿げている


検索順位を上げたいメインのブログにリンクを送るためのブログをサテライトブログといいます。サテライトとは衛星という意味。メインブログの回りをぐるぐる回る衛星に見立てたものです。「自作自演の被リンクを送るため」に作られます。

かつて、この方法はそれなりに効果がありましたが、いまでは即席に作ったブログからリンクを送ってもメインサイトの評価はあまり上がりません。メインブログを作って間もないときにこれをやると、下手をすると評価が下がったりします。

即席で作ったブログは、コンテンツの品質が高いとは評価されにくいからです。もちろん、評価をするのは検索エンジンです。


パンダアップデートのことについて、多くのアフィリエイトサイトが順位下落で書きましたが、Googleは品質の低いサイトを追い出しにかかっています。品質の低いコンテンツの検索順位を下げ、質のいいコンテンツの順位を上げています。もうすぐ日本語にも対応するでしょう。

となると、5~6ページのブログを量産しても、そのブログ自体の評価が低すぎるので、被リンクの価値はほとんどありません。ただ、ページ数は少なくてもほかのサイト、特に古くから運営されているところからリンクを張られれば評価は高くなるでしょう。が、そんなに評価されるブログなら、そっちの方をメインブログにすればいいのではないかと、普通の人は考えますよね。

サテライトブログとして利用できるのは、検索エンジンからの評価が一定以上あるサイトだけです。そうしたところからの被リンクなら価値があり、メインサイトの評価も上がります。

そうしたブログを複数運営するのがいいか、それともメインとなるブログに集中してコンテンツを作っていった方がいいのか。これはその人その人で考え方が違うでしょう。

ずっと書き続けてきたブログがいくつかあって、これからアフィリエイトもやってみたいなというときには、そうしたブログからアフィリエイトをするブログにリンクを送ると効果があります。もともとのブログがある程度評価されているからです。

相互リンクも効果があります。相互リンクをする相手のサイトをきちんと見て、コンテンツがきちんとしたものなら、そこからの被リンクは評価されます。

サテライトブログを作るために記事量産ツールやブログ量産ツールを使う人がいますが、そうして作ったコンテンツは、もう全く役に立ちません。そんなコンテンツからリンクをもらうのは危険であるとさえいえます。

まだ手持ちのブログがない場合は、ひとつひとつ手書きでコンテンツを書き、きちんとしたブログを作るべきです。商品の選択さえ間違わなければ、作ったばかりのブログで稼ぐこともできます。アフィリエイトでは、ありとあらゆる商品を売ることができますから不可能ではありません。

まずサテライトブログを作るという発想を捨てて、きちんとしたブログを作っていく。それが育てば最終的にサテライトブログとしても使えます。しかし、似たようなコンテンツをまとめて、ひとつのサイトに引っ越しした方が利口かもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする