ブログの見栄えで稼ぎが変わる


検索エンジンからのビジターが、そのサイトのコンテンツを読むか読まないかの判断は、ブロードバンド時代では、たったの「3秒」だといわれています。

「3秒」で「見るべきサイトだ」と思われないと、いくらいい情報を書いても読んでもらえないのです。なぜならその人は、ほかのサイトを探しに検索エンジンに戻ってしまいますから。

では、見るべきサイトだと思われるためにはどうすればいいかというと、ほかのサイトとは違うという感想を持ってもらえばいいわけですね。

手っ取り早いのは「サイトのデザインを変える」ことです。見た目はやはり大事なのです。


無料ブログでは、共通のテンプレートを使っていると「どこかで見たブログ」になってしまいます。そうならないため、わりと簡単にほかのサイトと差別化を図れるのは「バナーを変える」ことです。

自分でデザインをしたバナーに交換するだけで、ブログのイメージが変わります。ブログのテーマに即したバナーを作ると、ブログを見た瞬間にブログのテーマが分かります。

そうすると、検索エンジンからのビジターにも「自分が探している情報だ」と分かってもらいやすいのです。

バナーを作るには、イラストや写真の素材集を使うのが便利です。自分で一からイラストを描いたり、写真を撮ったりしなくても、複数の素材を組み合わせるだけで、それなりのバナーができあがるからです。

素材集はプロのデザイナーも使っています。Yahoo!のほか主要なポータルで目にするバナーでも市販の素材集が使われているのです。

海外旅行代理店などの広告で頻繁に使われているのが「素材辞典 Vol.182 ビーチ&ガールズ編」という素材集です。

詳しい内容は、こちら↓

素材辞典 Vol.182 〈ビーチ&ガールズ編〉 収録画像一覧

わたしは、こういう素材集をいくつも持っています。で、サイトのテーマに合った素材を組み合わせてバナーなどを作っているわけです。

これは高画質版ですが、画像サイズを小さくして、数多くの素材を集めた「素材辞典フォトバイブル」というものもあります。

こういう素材集をいくつか持っていると便利ですよ。

「画像処理ソフトがうまく使えない」ときには、

無料写真画像加工編集サイト・フリーソフト – バナー工房

で作りましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする