被リンク用サイトの正しい作り方


IPアドレス分散でのSEOは神話 で書きましたが、Googleは自分が作ったサイト間のリンクを問題にしていません。

ですから、検索結果の順位をできるだけ早く上げたいときには、ほかのブログを作ってメインとなるサイトと相互リンクをしてもいいのです。ただしやり過ぎは禁物ですし、作るブログの品質にも条件があります。

たとえば、一ページくらいのほとんど情報価値のない低品質なブログをたくさん作って、そこからメインサイトにリンクを送るのは、不正な手段で検索順位を上げる行為だと誰でも思うでしょう。そういうのはダメですし、やってもほとんど効果はありません。


いまの検索エンジンGoogleは、サイトにあるコンテンツの質が高いか否かを、そのサイトが持っているコンテンツだけから判断できるようになってきています。ですので、記事量産ソフトを使ったワードサラダが主要なコンテンツのブログが検索結果の上位に表示されることはまれです。

アフィリエイトをしている人に限らず、インターネットでサイトを運営している人は検索エンジンを使うことが多いので気付いていると思いますが、コンテンツがそれほど多くないサイトでも、よく作り込まれているサイトは結構検索結果の上位に表示されています。

Googleも、いまやリンクの数はサイトを評価するアルゴリズムのひとつに過ぎなくなっていると公表しています。ついでにいうと、HTMLの構文が正しいということはサイトの評価を上げる要素ではないとも言い切っています。Googleのサイト自体がW3CというHTML規格に準拠していません。HTMLソースを見てください。

検索エンジンはコンテンツの質をある程度まで判断できるようになったので、検索エンジン対策SEOで最も大切なことは、コンテンツを充実させることです。まずはコンテンツありきで、そのあとに被リンクがあればいいと思った方がいいのです。

ということは、検索結果で上位に表示させたいサイトがあるときには、まずそのサイトのコンテンツをきちんと作り、そのあとでリンクを送るためのブログを作るべきです。

なぜなら、数多くのリンクを受けているのに、そのサイトのコンテンツが貧弱なのは不自然だからです。被リンクが多いサイトは、当然コンテンツも充実しているはずなのです。

また、リンクを送る方のサイトも、コンテンツの品質が高く、そのサイト自体が価値を持っている必要があります。

もし、価値のないサイトからひとつのサイトにリンクを送れば「誘導ページ」と見なされて、検索順位を下げられたりインデックスを削除されるなどのペナルティーを受けることになります。

誘導ページについては、Googleは次のように書いています。
——————————
一般的に、誘導ページは特定のキーワードやフレーズ用に作成された品質の低いページの集まりです。ほとんどの場合、特定のフレーズに対して検索結果の上位に表示して、ユーザーを 1 つのページに誘導する目的で作成されます。
——————————

被リンク用ブログだからといって、いいかげんなコンテンツでいいわけではないのです。それ自体に価値がなければならないので、被リンク用のブログとかサテライトブログという感覚で作ってはいけないわけです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする