稼ぐブログを短期間で作る方法


稼げるブログを短期間で作る方法 の続きです。

具体的には、どんなタイトルにしたらいいのでしょう?

実は簡単に分かる方法があります。

例として「ヤーナリズム」という商品を売りたいとします。

商品名は「ヤーナリズム」ですから、このキーワードを使って実際に検索をしてみるのです。検索に使う検索エンジンは、Yahoo! JAPAN の方です。Googleではありません。

Yahoo! JAPAN もGoogleの検索データベースを使っているので、どちらでも同じだと思うかもしれませんが、決定的に違うところがあります。


それは、リスティング広告の数です。

リスティング広告とは、検索結果のページに表示される文字広告のことですね。Yahoo! JAPAN の方が圧倒的に数が多いのです。

リスティング広告は、広告主が広告料を支払うという契約で掲載されるわけですから、広告主は「売れる文章」「クリックされる文章」を一生懸命考えます。

「ヤーナリズム」では、次のようなリスティング広告が掲載されています。

・ヤーナリズムDVD通販はこちら
・ヤーナリズム/正規品DVD通販
・ヤーナリズム 効果
・ヤーナリズム本当に痩せるの?
・ヤーナリズム/話題の新作DVD
・ヤーナリズムの体験レビュー

以上の文章は、検索をしたひとの中で「ヤーナリズム」に強い興味を持っていてしかも、購入を検討しているひとがクリックをするだろうと広告主が考え抜いた文章です。

ただしリスティング広告の場合、クリックされたときに広告料の支払い義務が生じます。ということは「ヤーナリズム」の購入を検討していないひとにはクリックをしてもらいたくないのです。

一番クリックされそうな文章を考えると「ヤーナリズムがいまなら無料で」あたりになりますが、そんな文章を広告で使ってしまうと「ただなら欲しい!」という人たちにガンガンクリックをされて、いくら広告費があっても足りません。

ですから、リスティング広告には、購入したいと思っているひとだけがクリックしてくれそうな文章しか使われないのです。当然「ヤーナリズム」という商品名は必ず使われていますが「無料」とか「ただ」とかいうような単語は使われません。

ブログで商品を売るときも同じで、タイトルに商品名を含めるこことで、その商品に興味を持っている人たちを引きつけることができます。

ただし、ブログの場合はリスティング広告とは違って、クリックされたら広告費を支払わなければならないということはありませんから、クリックをして欲しくない人たちをことさら排除する必要もありません。

要は「ヤーナリズム」に興味のある人を想定顧客とみて、より多くの人にブログを見てもらえばいいのです。

そのためには、商品名に「興味を持ってもらえそうなキーワード」を付け加えて、それをブログのタイトルにすればいいわけですね。

たとえば「ヤーナリズム、今はまだ買うな!」あたりですね。

「ヤーナリズム、今はまだ買うな!」

の場合、商品名はヤーナリズムで、それに「今はまだ買うな!」という単語、キーワードを付け加えています。

この商品は、ダンスエクササイズDVDで、コアリズムの開発者の一人、ヤーナ・クニッツが考案したエクササイズです。

ヤーナリズム

コアリズムを知っている人たちには商品コンセプトは明確で、ことさら説明することもありません。ですからクリックさえしてもらえば、商品が売れる可能性が非常に高くなります。

「コアリズムを持っているひとならヤーナリズムは買わないんじゃないの?」

と思うのは間違いで、実際には人間というのは同じような商品を繰り返し購入する傾向があるからです。

アマゾンで商品を購入しようとすると、

「○○○を買った人は、こんな商品も買っています」

というメッセージとともに、似たような商品を勧められるのは、そこで商品を追加購入するひとが多いからです。

ですから、興味を持っているひとに、いかにクリックをさせるかが重要なわけで、そのカギとなるのが「商品名に付け加えるキーワード」なのです。

「今はまだ買うな!」というキーワードを付け加えると「どうして?」という疑問を呼び起こすことができます。

人間というのは、自分が持った疑問に対する解答を知りたいと思うのが普通ですから、思わずクリックをしてしまうわけです。

「この商品の購入を考えている人が知りたいと思うのは何か?」

と考えたときにあなたの頭に浮かぶ単語が、付け加えるべきキーワードになります。

・評判
・口コミ
・買ってみました
・体験記
・暴露
・効果
・レビュー

などがそれにあたります。

「暴露」や「レビュー」などは情報商材の購入を検討しているひとがよく使うキーワードですね。ほかには「2ちゃんねる」とか「2ch」などもあります。

こうして考えたキーワードを商品名に付け加えてブログのタイトルにします。そして、それを少し詳しく説明してサブタイトルの文章を作ります。

ブログに書く記事も同じようにして作っていきます。

「この商品を購入しようとするひとが知りたいことは何か?」と考えて、それに対する答えを記事にすればいいわけです。

こうして作ったブログのタイトルや記事は、商品を購入しようとする人たちが探している情報なので、ビジターは少なくても商品が売れるブログになります。

このように、商品を売るブログで一番重要なのは「ブログのタイトル」です。「ブログのタイトル」がダメだったら購買意欲の高いビジターを集めることができません。

ブログのタイトルを思いつきで決めるとアフィリエイトで稼ぐことはできないのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする