独自の視点でブログ記事を書くには


商品紹介のアフィリエイトでは、商品名の入ったブログを作って検索結果の上位に表示されれば商品は売れていきます。物販アフィリエイトの場合は、この方法が一番簡単です。

商品紹介ブログのなかで書く記事の役割は二つです。ひとつは、検索エンジンにブログに書かれているコンテンツのテーマが「その商品に関するもの」だと知らせるためです。そのうえで、独自な視点でビジターの役に立つ情報が書かれていると分析されるとより評価されることになります。

もうひとつは、ビジターに立ち止まってもらうためです。極端な話、物販のアフィリエイトでは、商品名をタイトルにしてページの真ん中に大きなリンクボタンを置いておいても商品は売れていきます。PPCアフィリエイトでこうしたページが多いのはそのためです。検索エンジンでフィルタをかけて購買意欲の高いビジターだけにページを見せるという前提なので、これでうまくいくのです。


ただ、PPCアフィリエイトではなく、あくまでも検索エンジンで検索をしてやってきたビジターを想定顧客とするときには、ほかのサイトよりも役に立つコンテンツを書いているサイトのほうがビジターに記事を読んでもらえます。記事の内容に説得力があると、ビジターはそのサイトのリンクをクリックして商品を購入する可能性が高まります。

そのためには、ほかのサイトで書かれているのと同じようなコンテンツより、独自の視点で書かれたコンテンツである方がいいのです。この点は、商品紹介サイトに限らず、独自コンテンツサイトでも同じです。

独自の視点で情報を構成する方法はいろいろありますが、最も簡単な方法は、その商品を買おうとしている人たちが思い浮かべる疑問を先取りし、その疑問を解消してあげる情報を提供することです。

たとえば、中性脂肪を低下させるためには、EPA(エイコサペンタエン酸)とDHA(ドコサヘキサエン酸)が有効だということが知られていますが、「本当に有効なのだろうか」という疑問がまず思い浮かびます。

この情報については、ネットでほかのサイトを調べたり、「健康食品」の安全性・有効性情報 というサイトで調べた情報を整理して提供することができます。

次に思い浮かぶ疑問として、「どのくらいの量を摂取すればいいのだろう」「副作用のない範囲とはどの程度だろう」というものがあるでしょう。

また、「結局のところ、どの方法でEPA、DHAを摂取すればいいのだろう」という疑問も思い浮かびます。「どのサプリメントがいいのか」という点です。

こうした情報は、その種の商品を実際に使っている人たちに聞いた方がいいかもしれません。どこで聞けばいいのかというと、アマゾンや楽天のレビューを見るという方法が一番簡単です。

たとえば、こんなレビューがあります。

———————
一日に推奨されるDHAは1g~1.5g(1,000mg~1,500mg)であり、これはイワシ100g(ほぼ丸々1尾)に含有されるDHAの量です。
が、この製品を目安通り4粒摂取しても27mg*4=108mgにしかなりません。
DHAが1日500mg前後を摂取できるものが30日分で2000円~3000円程度で販売されているものもあります。
こうしたサプリメントを購入する際には「1日摂取量あたりの金額」だけを見るのではなく、「金額あたりの含有量」を見るようにしましょう。
———————

ネイチャーメイド Fish Oil (魚油)EPA&DHAファミリーサイズ 240粒

このレビューを参考に、いくつかのサプリメントを探して比較サイトを作ると、同じ効果で最も単価の安い商品をおすすめすることができます。

情報が整理され、比較検討もされているので、商品紹介サイトだったとしても、「参考になるサイト」として、ほかのブログに取り上げられる可能性もあります。

そうすると被リンクをもらうことができ、検索エンジンの評価も上がるのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする