情報商材アフィリエイトで10万円稼ぐには


物販でも情報商材でも「欲しいひとに耳寄りな話を提案する」という売り方をすれば商品は売れます。

・おいしいものが食べたいひとには、すごくおいしい食品を
・手軽にネットにつながりたいひとには、電池持ちのいいネットブックを
・お金を稼ぎたいひとには、手軽にお金を稼ぐ方法を
・ダイエットをしたいひとには、無理なく痩せられる方法を

目の前に差し出して「いかがですか?」といえばいいだけです。

人間には誰にでも欲求や悩みがあります。なので、欲しいものは与え、悩みは解決策を提供すればいいのです。


わたしが購入したネットブックは、電源スイッチを入れてほとんどすぐに立ち上がります。時間にして1~2分でしょうか。

しかも、一度充電すれば 9時間はバッテリーだけで動くので、枕元にも置けますし、車に放り込んで外出先でネットにつなぐこともできます。

インターネットビジネスをしていると、アクセス解析をしたりコンテンツの修正、メールのチェックなど、思い出したときにすぐやりたいことがでてきます。

そのニーズにこのネットブックは応えてくれるわけです。いわばビジネスツールなのです。

お金を稼ぎたいひとに、稼ぐ方法という情報を提供するのも本質は同じです。ダイエットをしたいひとには、無理なく手軽に痩せられる方法という情報を提供するのも同じ。

そうした欲求に応えてくれるのなら、ひとは喜んでお金を出します。

近視のひとは、レーシック手術をしなくても近視が治るのなら、その方法を知りたいと思うでしょう。容易に想像できます。

こうしてみると、物も情報商材も、ひとの欲求を満たしたり悩みを解決するという目的を果たす手段に過ぎないので、本質的な違いはないのです。

そういう考えでビジネスを立ち上げ、成功した人たちはたくさんいます。

で、情報商材アフィリエイトで 10万円稼ぐにはどうしたらいいのか?
物販のアフィリエイトと同じ考えでいいのです。

できるだけ多くのアクセスを集めて、多くの人にその商品を知ってもらう。目にしてもらう。それだけで、欲しいと思ったひとは買っていきます。

欲しくないひとを説得するのは難しいので、欲しいと思った人だけに売ればいいのです。

ただそれだけ。

月1万円を稼ぐブログを10個作ったら月10万円になりますから。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする