商品を売るための記事構成方法


ショップ型のアフィリエイトサイトには、商品の売るために最適な記事の構成方法というものがあります。

ショップ型ですので、ターゲットとなる想定顧客は「商品を買いたいと思っている人たち」です。それ以外は対象外。これが前提条件です。

商品を買いたい人たちにアピールしたいわけなので、そのサイトを見た瞬間に「目的の商品がここにある」ということが分かる商品紹介ページでなければなりません。

そのためには「そこに何が書かれているか」「そこにどんな情報があるか」ということが一目で分かる必要があります。

そういう記事の書き方があります。そういう記事の構成だけでできているものがあります。それは、新聞や雑誌です。


新聞や雑誌は、大見出しで何について書いているのかが分かります。大見出しの次には、小見出しが続くこともありますが、基本的には、全体の要約と結論が続きます。そして、そのあとの文章でようやく詳しい情報が記述されるのです。

ブログなどを見たときに、ブラウザに最初に表示される部分、スクロールをしなくても目にすることができる部分を「ファーストビュー」といいます。新聞や雑誌のウェブサイトでは、その部分に大見出しと全体の要約が表示されます。

そこで興味を持たれなければ、ビジターにそのあとに続く文章を読んでもらうことはできません。

同じように、商品を買いたい人たちにとって一番の関心事は「その商品に関することが書かれているページだ」と判断できることです。

その期待に応えて、その部分、ファーストビューに商品写真や商品の概要を書いておくとビジターは喜びます。

商品を買いたい人たちがアフィリエイトリンクをクリックしたあとに実際に商品を買う確率、成約率は当然とても高くなります。

そうした書き方をしているページを見て喜ぶのは検索エンジンも同じです。大見出しはページのタイトルにあたり、最初に現れる部分の概要記事で、ページ全体に何が書かれているのかが分かります。

こうした文章構成方法を頭括式文章といいます。それに対して、順番に論理を進めていき、最後に結論を書く文章は尾括式文章といいます。

ショップ型のアフィリエイトサイトでは、頭括式文章のほうがビジターにアピールしやすいです。もちろん、ショップもこうしたページ構成をしています。

新聞や雑誌のような構成で記事を書くと、ビジターにも検索エンジンにも優しい、親切なページができあがるのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする