低品質なページはサイトを破壊する

[`evernote` not found]

わたしは自身で主催している「アフィリエイト実践会、アイアイビズ倶楽部」で、手書きの記事を一ページあたり全角文字で500字以上書くことを推奨しています。

マニュアルのその部分を紹介します。

「一記事の文章量は、全角文字で500字以上にしてください。それ以下だと情報としての価値がなくなります。これは、人間から見ても検索エンジンから見ても文章量が少ないと感じるという意味です」

この一ページあたり全角文字で500字以上というのは、わたしがたくさんのサイトを作ってきて得た結論です。


サイトのページ数を増すために用語集などを作ったりしますが、そのページは500字以内の記事になりがちですが、そうしたページが検索結果の上位に表示されることはまれです。

こうしたページは、Googleウェブマスター向けガイドラインの「品質に関するガイドライン」に違反している可能性があります。

Googleは品質の低いページをとてもに嫌います。検索結果の上位に低品質なページが表示されると、Googleの利用価値、信頼性が下がるからです。

以前は、一ページだけでできているペラサイトといわれるものが検索結果の上位に表示されることもありました。日本ではいまだにこうしたページが上位に表示されていたりします。

こうした中身のないページが増えていくことを苦々しく思っていたGoogleは、ついにこうしたページを検索結果から排除する検索アルゴリズムを開発しました。技術開発者の名前をとって「パンダアップデート」といわれているようです。

Googleでは、記事量産ツールやブログ量産ツールを使って作った、適当に単語を並べただけの訳の分からないコンテンツ、いわゆるワードサラダでできたページを検索結果から排除することには、ほぼ成功しました。

そのためパンダアップデートは、きちんと書かれてはいるけれど薄っぺらいコンテンツを取り除くことを重点的な目標にしたものになりました。

ここで重要なのは、低品質なページを持っているサイトは、ほかにいいコンテンツを持っていても、検索結果の上位表示を抑制させる可能性が出てきたことです。

つまり、質の高いコンテンツと質の低いコンテンツが混ざっているサイトは、検索結果の上位に表示されにくくなるということ。言葉を換えると、低品質なページは、サイト全体の足を引っ張りかねないということです。

低品質なコンテンツを持つページの要素には「広告が多すぎるコンテンツ」も含まれます。

アフィリエイトでウェブサービスを利用してページを作っている場合はそうしたコンテンツになりがちなので、注意する必要があります。

繰り返しますが、低品質なコンテンツはサイト全体の評価を下げます。サイト全体を破壊するといってもいいのです。

ですからわたしは、一ページあたり全角文字で500字以上の手書きコンテンツを書くことをおすすめしているのです。

もちろん、記事量産ツールやブログ量産ツールなどは、被リンク用のブログを作る場合でも使ってはいけません。

低品質なサイトからの被リンクは有害で、サイトが新しい場合には、メインサイトの評価まで下がってしまいますから。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする