商品名では売れない商品とは


一般的には、商品名をブログのタイトルに含め、購買意欲がある人が使うと思われるキーワードを追加すると、その商品が売れやすいサイトができあがります。

こうして作ったサイトは、競争相手が少なければ短期間で検索結果の上位に表示され、商品も売れます。

でも、商品名をタイトルに含めても売れない商品というものもあります。

どんな商品でしょうか?


それは、「検索をする人が、すでにその商品を持っている可能性が高い商品」です。

タレント関連商品などがこれにあたります。

CD、DVD、写真集などです。

こうした商品を購入するのは、そのタレントのファンである可能性が高いです。

ですので、予約販売がされているときには、アマゾンや楽天ですでに注文をしているか、販売がはじまっているときには、もう買ってしまっていることも多いのです。

こんな商品を、タレント名や、商品名で売ろうとしても、まず売れません。

けっこうやってしまっている人がいるようです。

こういう商品は、「ファン以外にも売れないだろうか?」と考え、購買層に注目をすると、売れる可能性があります。

要するに「この商品を欲しがるのはどんな人たちか?」と考えればいいわけです。

そうしたコンテンツを作り、サイトのテーマにします。

タイトルも商品名ではなく、購買層が検索をしそうなキーワードを含めます。

「70年代ヒット曲」などは、そういうキーワードのひとつなのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする