情報商材よりアマゾン

[`evernote` not found]

ブログを量産して情報商材で大金を稼いでいる人もいるようですが、わたしは、情報商材よりもAmazonアソシエイトの方が稼ぎやすいと思っています。

確かに、ブログ量産ソフトのような変なツールを使わないで、必死になって自分の手書きの文章で情報商材を紹介すれば、売れることは売れます。

※ 何度も書いていますが、記事量産ソフトはダメですよ。今の検索エンジンは、そんなツールで稼げるほど甘くはありません。

ただ、しんどいですよ、ブログで情報商材を売るのは。競争相手が多いですしサイト自体を信用させるのが、かなり難しいです。


情報商材を売りたいなら、メルマガアフィリをオススメします。その方がはるかに効率的だからです。

自分で集めた購読者が1000人程度いれば、一通のメルマガで、情報商材は3本くらいは売れます。ただし、属性があっていればの話ですが。

わたしは、同じ情報商材を、同じブログで売ったことがあります。その情報商材は、インフォトップとアマゾンで扱っていました。

で、どちらの方で売れたかというと、圧倒的にアマゾンです。インフォトップで3つ売れると、アマゾンでは10売れました。

しかも、アマゾンでは、その情報商材に関連した商品のついで買いもありました。

この差は何なのかというと、ショップの信頼感の違いだと思います。

インフォトップよりアマゾンの方が、消費者は、はるかに安心して財布のひもをゆるめるのです。

しかも、アマゾンでは、ひとつの商品を購入するときに「これもいかがですか?」と、他商品もオススメしてくれます。

アフィリエイターが送客をすると、ほかの商品も勧めてくれ、購入する人も多いのです。

Amazonアソシエイトは、報酬率が低いので、あまり旨みはないと思っているひとがいるようですが、とても売りやすいASPなのです。

アフィリエイトであまり稼げていないというひとは、まずAmazonアソシエイトをやってみてください。

意外といけるのが分かると思いますよ。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする