売れるページにするアフィリエイトの小技


アクセスログを見ると、ある程度のアクセスがあるのにもかかわらず商品が売れないページがあったりします。

そんなときは、どうすればいいのでしょうか。

ある程度のアクセスがあるということは、そのページが取り上げているテーマ自体には問題がないと思われます。では何が問題なのかというと、「商品そのもの」の可能性があります。また、「商品の並べ方」の可能性もあります。

人間の趣味嗜好というものは、そう変わるものではありません。ですので、同じような人がアクセスしていることが考えられます。

そうした場合、そのページに足りないものは、「新味」だったりします。


ページのテーマには興味があるのですが情報そのものが古いんですね。だから一目見てブラウザを閉じられてしまうのです。

新味がない理由は、商品そのものの人気が既になくなっている場合が多いでしょう。ですので、ページのテーマに則した別の商品を一つ探して紹介してみてください。全部変える必要はありません。一つだけでいいのです。

ただし、比較的新しく発売されたもので人気がある商品がベストです。その商品一つで他の商品も売れるようになります。

また、商品の掲載順位をかえるというのも有効です。人間はイメージでページの印象を判断しますので、商品が一つ変わったり並べてある順番が変わっただけでページから受ける印象が全く違ったものになります。

商品は、三つ縦に並べられていると、一番上にある商品が印象に残ります。そして実際にその商品が売れる確率が高くなります。ときどき、二番目三番目に並べられた商品を一番上に持っていってみるのは、商品の人気を探る有効な方法です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする