関連検索


Yahoo!やGoogleで検索をすると、『で検索』『関連検索』という案内文が表示され、その検索単語で実際に検索されている「検索語句」が表示されます。

Yahoo!では『「関連検索ワード」とは』というヘルプで、以下のような説明をしています。

>[関連検索ワード]とは、Yahoo!検索の利用者が入力したキーワードや、
>その組み合わせを機械的に収集・処理した結果をもとに、検索キーワード
>の組み合わせなどを自動的に表示し、再検索を補助する機能です。
>
>関連検索ワードは、検索結果の検索語入力欄の下や、ページ下部にリンク
>で表示されます。リンクをクリックすると、リンクに含まれた検索
>キーワードで再検索されます。

○→ http://help.yahoo.co.jp/help/jp/search/web/web-17.html

試しに「アフィリエイト」という単語をYahoo!で検索すると、下欄に

『関連検索ワード ブログ アフィリエイト, 携帯 アフィリエイト, amazon アフィリエイト, 楽天 アフィリエイト で検索 > すべて表示』

と表示されます。

次に同じ単語を使ってGoogleで検索をすると下欄に、

関連検索: 楽天アフィリエイト, 携帯アフィリエイト,
アフィリエイト ブログ, amazon アフィリエイト, dti アフィリエイト,
アフィリエイト 比較, アフィリエイトB, アフィリエイト 稼ぐ,
アフィリエイト 初心者, アフィリエイト テンプレート

と表示されます。


一般に検索者は、ひとつの単語(ビッグワード)を使った検索よりも複数の単語を使った複語検索をしますが、その統計が表示されるわけです。

検索者が複語検索をするのは、より早く目的のコンテンツを探すためですので、この「関連検索」の語句を見ると、今検索者が何を探しているのかが分かることになります。

ということは、もうお分かりでしょうが、その「関連検索」で表示される検索者が求めていると予想されるコンテンツを作ると、ビジターが増えるということになります。

それに加えて、関連検索語句は、そこをクリックするだけで再検索できるわけですので、より効率よく集客できます。

「Yahoo!のAPIを利用して検索ワードに対する関連検索ワードを100件まで表示する」
という「Yahoo! JAPAN 関連検索ワードサーチ」というツールが公開されています。

○→ http://www.sem-analytics.com/lab/

「関連検索語句」をうまく利用しましょう。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする