大切な最初の一ページ


インターネットユーザーの傾向として、最初に目にしたページの内容に満足したときには続けて何ページも読み進むというものがあります。

反対に、最初のページをつまらないと感じるとブラウザを閉じたり、元来たサイトに戻ることが多いのです。

検索エンジンで表示された検索結果を見たときも、訪れたサイトのページを見たときも同じ傾向を示します。


検索エンジンでも、使ったキーワードで表示された最初のページの結果が気に入らないとキーワードを変えたり、新たなキーワードを付け加えたりして検索し直すのです。

このように、インターネットでは、
「いかに最初のページに満足してもらえるか」
がその後の訪問者のサイト内行動に大きな影響を与えます。

最初のページに満足した人の平均閲覧ページ数は6.5ページです。最初のページに納得すると、2ページ3ページと読み進みます。10ページ以上見続ける人もたくさんいるのです。

ですから、どのページも情報たっぷりで、しかも内容が分かりやすいページにしなければなりません。検索エンジンからやってくる人は、最初にサイトのどのページを見るか分かりません。そのページが訪問者にとってつまらない内容であると判断されたら、その瞬間あなたのサイトの存在意義はその人にとっては無価値になってしまいます。

最初の一ページが、あなたのサイトの価値を決定づけるのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする