やるだけ無駄な宣伝方法


オートサーフとかクリック保証広告とかリードメールなどに、自分でお金を払ってまでアフィリエイトリンクを掲載してもらっているアフィリエイターがいるんですね。

わたしは、自分のマニュアルをアフィリエイトしてもらうまで、そうした人がいることを知りませんでした。

悪いことはいいません。やめた方がいいですよ、そんな広告。お金をドブに捨てるようなものです。

わたしは、自分のウェブサイトの精読率を計測しています。

オートサーフとかクリック保証広告とかリードメールなどから来るアクセスの質は最低です。

ページにアクセスしただけで、ページの内容はまったく読まれていません。

精読率は、限りなくゼロです。

例えそうした方法で、見ている人のブラウザに Cookie を埋め込むことに成功したとしても、その人がどんな商品に興味があるのかが分かりませんから「下手な鉄砲も数打ちゃ当たる」という作戦をとっていたとしても、非効率的すぎます。

わたしは、自分の商品やコンテンツに興味のある人に来て頂きたいのです。

下手な鉄砲のせいで無駄なトラフィックを使いたくありませんし、まともなアクセスの精読率を測定することができなくなる、そうしたアクセスは迷惑なのです。

ですので、今では、そうしたサイトからのアクセスだと分かったら、サイトへのアクセスを遮断しています。

アクセスを遮断する方法は簡単で、次のようなコマンドを書いた .htaccessファイルを置くだけです。

SetEnvIf Referer “^http://ドメイン” ref01
order allow,deny
allow from all
deny from env=ref01

なかには、サーバーサイドでリファラが分からない場合もありますので、JavaScript でブラウザでも判断して、他のページにはじき飛ばしています。

お金を払って宣伝をするのなら、PPC広告のような効率的なものを使う方がいいです。

興味のない人には、ものは売れません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする