1ページで5万円稼ぐ

[`evernote` not found]

「1ページで5万円稼ぐサイトを暴露します!資料請求系アフィリエイトで稼ぐ方法 完全公開」

○→ http://mailzou.com/get.php?R=667&M=937

この無料レポートは、大変ためになると思います(タイトルは別として…)。

是非ダウンロードして活用してください。資料請求系アフィリエイトに限らずショッピングサイトでも充分役に立つ内容です。

アフィリエイトサイトの作り方など、いろいろな視点で書かれていますが、ここではその中から「資料を請求しやすいサイトを選ぶ」という点に関して取り上げます。


アフィリエイトというのは、集客や送客をしたあとは、送り出したショップやサイトの作りによって
成約率が大きく変わります。

ちょっとこのサイトを見てください。(注:音が鳴ります)

○→ http://www.seicomart.co.jp/

このサイトは、リニューアルをして大失敗をしたサイトの見本みたいなものでしょう。

セイコーマートという北海道のコンビニのサイトなのですが、リニューアル前は、素人くさい作りであまり見栄えはよくありませんでしたが、すごく使いやすい、ユーザビリティーのそこそこいいサイトでした。

ところがリニューアル後は、どこをクリックしたらどうなるのか分からないメタファがあちこちにあります。FLASHを多用していて見栄えはいいので、多分どこかのデザイナーが基本設計をしたのでしょう。

ただし、そのデザイナーは、インターネットマーケティングに関しては素人だったようです。

もう何がなんだか分かりません。このサイト独自のローカルルールが多すぎます。

このページ

○→ http://www.seicomart.co.jp/instore/index.html

最悪です。マウスを動かして初めて「ここをクリックしたらこれが出るんだ」と分かります。つまり、マウスを動かしてみなければ、このサイトのルールが分からないのです。

ユーザビリティーという言葉もおそらく知らないのでしょう。

このサイト自体は、アフィリエイトを採用していません。

ですが、もしあなたなら、このサイトの商品をアフィリエイトしてみたいと思いますか?

アフィリエイトでは、商材選びも大切ですが、送客する提携ショップの作りはもっと重要です。上に挙げたセイコーマートに送客した場合、1000人送客してもほとんど成果は得られないでしょう。

資料請求系サイトに限らず、多くのショップでは、オーダーページで商品や資料を送るために、注文者が住所などを自分で入力しなければならないことが多いです。

そのオーダーページの作りが悪ければ、注文してもらえません。

すごい統計があります。

オンラインショップでショッピングカートに次々に商品を入れていった人が(多分その人は買う気満々ですよね)最終手続きでオーダーページで住所などを入力しているうちに、途中で必要事項の入力をやめて結局注文しなかった、という人の割合が、何と6~7割にも及ぶのです。

実はわたしも、犬のリボンを注文しようとオンラインショップで商品を追加していって、最後のオーダーページで入力をしている最中に、注文することをやめたという経験があります。

理由は、メールアドレスを確認するための入力欄でコピペできないことでした。手入力でしか入力できないのです。

通常、パソコンでキーボードを使い慣れていない人は入力ミスをしがちです。それは分かります。でも、確認入力をさせることにどれほどの効果があるのかは疑問です。さらに、コピペで済まそうとする人は、普段もそうしていることが多いでしょう。メモ帳などに自分のメールアドレスを記録しているわけです。こうした場合、コピペの方が誤入力は防ぐことができます。

オーダーページでの入力項目は少なければ少ないほどよく、一ページで完結していればなおいいのです。お客さまの行動を制約するなどということはしてはいけません。それは、お店の都合を押しつけることになり、お客さまもそれを感じ取ります。

この無料レポートでは、実際に自分で資料請求をしてみることが大切だと指摘されています。これは本当に正しいことです。

大変示唆に富んでいるレポートです。是非お読みください。

○→ http://mailzou.com/get.php?R=667&M=937

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする