悪質なアフィリエイト手法


インフォカートでノウハウを販売し始めてから、インラインフレームを使ってオーダーページを取り込むブログが多くて閉口しています。

実際にはこんな感じですね。

<iframe height="0px" width="0px" scrolling="no" frameborder="0" src="http://www.infocart.jp/af.php?af=******&url=www.so-desuyo.net/cgi-bin/order.html&item=5080"></iframe>

インラインフレームの高さと幅がゼロになっています。つまり、わたしのサイトのオーダーページ「 http://www.so-desuyo.net/cgi-bin/order.html 」は表示されません。

では、どうしてこんなことをしているのでしょうか。


インフォカートのシステムでは、誰が商品を販売したのかを把握するためにCookie を使っているようです。

Cookie とは、サーバーとブラウザのコンテキストを維持するためのトークン(識別子)です。

上記のようなインラインフレームがあるページにアクセスすると、フレーム内でリンクをしているページが強制的に読み込まれます。サイズがゼロのときは、読み込んでいるページでリンクしている商材のオーダーページは見えませんが、そのページ全体の情報がブラウザに読み込まれます。
(当然、読み込まれる方のページのアクセス解析ソフトも反応します)

そのときに、「 af=****** 」というインフォカートのアフィリエイトIDがブラウザに Cookie情報として設定されます。

つまり、こうしたインラインフレームを使ったページにアクセスした人は、自分の知らないうちに「アフィリエイトリンクをクリックした」のと同じ状態にされてしまうわけです。

その後、そのページを見た訪問者が他の機会にインフォカートの商品を購入すると、その報酬は、インラインフレームで Cookie を仕込んだサイトの運営者のものになるというわけですね。

これは、インフォカートだけではなく楽天など、自分が取り扱っている商材以外でも、送客した人がそこで商品を購入すると報酬が発生するような ASPだから可能な仕掛けです。

ですが、こんなことをすると、アフィリエイトアカウントを剥奪される可能性があるので絶対にやってはいけません。
(インフォカートではアカウントを停止することがあることを確認しています)

アフィリエイトシステムで商品を販売している人は、毎日きちんとアクセス解析をしています。不審なサイトはすぐに分かるものです。そうしたときはそのページのソースコードを見ます。

その後、そのサイトは、かなり高い確率で ASP に報告されるでしょう。

とてもリスクの高い悪質な行為ですので、絶対にやめた方がいいですね。

アフィリエイトアカウントを剥奪されるだけではなく、莫大な損害賠償を支払わなければならなくなることも、ASP によってはあり得るかもしれません。

※ インラインフレームではなく、ポップアップウィンドウを開いて Cookie を 埋め込むという方法もあるようで、実際にそうしたツールも販売されているようですが、これもやめておいた方がいいでしょうね。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする