70サイトと瞬間相互リンク

[`evernote` not found]

サイバーエージェントで主催の相互リンクに参加していたサイトが、一時Google から削除されたのではないか、という噂が、今年の3月にありました。

その原因と思われたのが、小さなリンクボックスで大量のウェブサイトを相互リンクさせるというリンク方法です。

その「小さな相互リンクボックス」に登録されていたサイトと、主催したサイバーエージェント系のサイトが Google で検索できなくなり、PageRank もゼロになってしまったのです。


そのあたりの詳しいいきさつと、小さなリンクボックスがどのようなものだったのかは、次のサイトで紹介されています。

http://stella.cocolog-nifty.com/starchartlog/2006/03/google_8fdd.html

その後、サイバーエージェントが、原因と見られる大量の相互リンクを削除し、米 Google に対して報告したところ、インデックスが復活して検索もできるようになったそうです。

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2006/03/31/11470.html

Google からは、何もいってこなかったようですが、復活のタイミングからみて「小さなリンクボックス」による相互リンクが原因だったのだと思われています。

「小さなリンクボックス」を実際に見てみたいですか?

どうぞ。

○→ http://sougo.castle-yf.com/2.html

上のページに「リンクテーブルサンプル」(赤字)というのがありますね。こんな感じのものでした。

なぜそう断言できるのかというと、わたしは、サイバーエージェントの「小さなリンクボックス」による相互リンクを知っていたからです。参加はしませんでしたが。

ボックスのスクロールバーでスクロールをしないと、相互リンクをしていることが分かりませんね。

これは、相互リンクではありませんね。あきらかに、被リンクを数多く稼ぐためだけの検索エンジン対策です。

こうしたことは、Google は嫌います。

Google は、人の目でも各サイトをチェックしています。こうした PageRank を上げる目的だけの検索エンジン対策はやめた方がいいですね。

それにしても、上に上げたサイトは、この事件を知らないのでしょうか。アドワーズで「70サイトと瞬間相互リンク」という広告を出しているんです。

「ご利用は自己責任で」
といったところでしょうか。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 70サイトと一瞬で相互リンク

    ヤフーで「相互リンク」で検索をかけると、 オーバチュアの広告欄に出て来る 「70…