紹介文が思いつかない


「この商品、どうやって紹介すればいいの?」

というような商品というものがあります。一部の人を除けば、私のような男にとって化粧品関係は「?」ですよね。

このように、自分にとって興味のないものは、世の中に掃いて捨てるほど多くあります。だからといって自分がよく知っているものだけを商材にしていては売上げは限定的になるでしょう。

そうした商品紹介文が思いつかないような商材は、どうやって紹介したらいいのでしょうか。


私の場合、商品名と写真しか載せないことが多いです。

そうした商品に興味があって、その商品についてもっと知りたいという人は、その商品の写真をクリックしてショップで詳しいことを調べるようです。本人に聞いてみたわけではないので本当のところは分かりませんけど。

以前「体外離脱入門セット」なるものが売れました。「それってなぁに~?」なんですけどね。

検索エンジンで探しても「体外離脱入門セット」では、私のサイトは見あたりません。きっと、ず~っと下位にはあるのでしょう。

その商材に力を入れて押した記憶もありません。得体が知れないのですから当然です。

でも、欲しい人は探し出して買っていくのです。検索エンジンのはるか下位に位置していても。

ですので、よく分からないものは、無理にコピーを考えないで写真と商品名だけを書いておけば、売れるときには売れるのかもしれません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする