とにかく一品売ること

[`evernote` not found]

アフィリエイトを始めてすぐに何か売れれば、かなりラッキーです。ほとんどの人は、なかなか商品が売れなくて「やっぱりそう簡単に儲かる話しなんて、あるわけないよね」と思って一気にアフィリエイトに対する関心が薄れがちです。

アフィリエイトを続けるためには、モチベーションが下がる状況は、できるだけ避けたいですよね。やる気がなくなって、サイトの更新もせず、そのうちサイトそのものを放り出してしまいます。

やる気が出る一番いい動機付けは「商品が売れること」です。商品が売れれば「もっと売りたい」と思います。「売れるもんですよねぇ~」なんて思ってウキウキしてきます。

そういうわけで、アフィリエイトを始めたら、できるだけ早い時期に、何でもいいので「とにかく一品売りたい」のです。


でも「とにかく何が何でも商品を売りたい」という思いから、商品を数多くサイトに並べてしまう人が結構いるようです。下手な鉄砲でしたら数多く打てば、そのうち当たるかもしれませんが、アフィリエイトでこれをやってしまうと、逆にあまり売れなくなります。

そういうサイトは、欲が透けて見えるからです。買い物をする人は、自分に役に立つと思うから商品を買うのであって、誰かを儲けさせてやりたいから買うのではありません。「儲けたい儲けたい」という感じがするサイトなら、それだけで逃げてしまいます。何か変なものを売りつけられないとも限りませんから。

ではどうやって「とにかく一品」売るのでしょうか。

売りやすい商品があるのです。それは、あなたが実際に購入したことがあって「買ってよかった」と思った商品です。こういう商品は、一般的には嫌われている、ブログのなかでの商品紹介でも売れます。「商品を売りたい」のではなくて「いい商品をみんなに知ってもらいたい」という気持ちが伝わるからです。

実はこの「いい商品をみんなに知ってもらいたい」という気持ちが伝わるかどうかが、インターネットで商品を売ることができるかどうかの分かれ目です。

「いい商品を知ってもらいたい」という場合は、自分のためではなく、買う人のために商品を紹介しているわけです。そういう気持ちなら、商品のあまりよくない面でも、書いておこうと思ってしまいます。よくない面がなくて、褒めちぎってしまっても、不思議と嫌みを感じません。

誰にでも「この商品は人に教えてあげたい」という商品を買ったことがあるはずです。そういう商品を提携ショップで探してください。何かしら、見つかるはずです。その商品を紹介する(売るわけですけどね)場合、関連する商品で自分が気になっている商品であれば、それも一つか二つ紹介しておくのもいいです。もちろん、自分が買ったことがあることにしてはいけませんけれど。

商品はひとつのページにひとつだけ載せた方がいいという本もありますが、それは検索エンジン対策SEOに重点を置きすぎています。商品は関連する数点から購入者に選んでもらう方が、購入者に売り込みをされているという意識を持たれなくていいようです。

私は肝臓病を患ったことがあるため、そのとき試したサプリメントを紹介すると共に、買ったことはないけれど、自分で試したいと思っているサプリメントを、提携ショップには書かれていない豆知識とともに紹介しています。その紹介文を書いてから、3ヶ月以上文章を変更していませんが、そのサプリメントと関連のサプリメントは売れ続けています。健康食品ですから安くはありません。かなり高いです。報酬率は50%近くあります。でも売れるんですね。

ですから、アフィリエイトを始めたら、まず自分がいいと思った商品を紹介して、とりあえず一品売ることを当面の目標にしてください。そうすると「本には書かれていない、あなたなりの売り方」が分かりますよ。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする