検索結果で後に表示されたら

[`evernote` not found]

インターネットで商品を探している人は、大手ショップやショッピングモールでいきなり買い物をするとは限りません。むしろ、そういう人は少ないでしょう。それは「本当にこの商品を買って後悔しないだろうか?」という、リスクを回避したいという心理のためです。

そのため、インターネットで買い物をする人は、その商品についての情報をネットで探すことが多い、と以前お話ししました。

ですから、あなたのアフィリエイト サイトで扱っている商品を検索エンジンで検索してみた結果、あなたのアフィリエイト サイトの前に、その商品の販売元企業や大手ショップが表示されたからといって、あまり気にする必要はありません。


「本当にこの商品を買って後悔しないだろうか?」と思ってその商品の情報を検索している人が、その商品の販売元や大手ショップの情報を鵜呑みにするでしょうか。そんなことはありませんよね。そこの情報をあまり信用していないか、情報が不足していると感じているからこそ、わざわざ検索エンジンで商品の情報を探しているのですから。

「商品購入時のリスク」をできるだけ負いたくないと思って検索している人は、大手ショップの情報も見るでしょうが、本当は、そこに書かれている情報以外の情報を探しているのです。

ですので、その人は、検索結果で表示されたサイトを次々に見ていきます。実際、私がインターネットで買い物をするときは、そうすることが多いのです。そうして、情報量の豊富なサイトを見つけると、そこで立ち止まり、そのサイトに書かれていることをじっくりと読みます。そして、そのサイトに商品購入のためのリンクがあるときは、そこをクリックしてみます。

つまり、衝動買いでない限り、複数のサイトを訪れて、その商品に関する情報を集めるわけです。これは、検索結果で上位に表示されることは重要ですが、それよりも「立ち止まって読んでもらえるサイト」を作る方がより重要であることを意味します。

そういうわけで、あなたのアフィリエイト サイトで売りたい商品を検索した結果、あなたのアフィリエイト サイトの前に大手ショップが表示されるからといって、悲観することはありません。あなたアフィリエイト サイトの前に表示されたサイトよりも、あなたのサイトが「立ち止まって読んでみたいサイト」であれば、最終的にその商品はあなたのサイトで売れるのです。

もっとも、その商品名で検索した結果、あなたのアフィリエイト サイトが数ページも後ろに表示される場合は、ちょっと問題がありそうです。というより、問題ですよね。でも、その場合は、複数のキーワードを使った検索で、検索結果で上位を目指すという作戦をとることもできます。

つまり「私がこの商品のことを調べたいと思ったら、どんなキーワードで検索するだろう」と考えたときに思いついたキーワードで検索されるようにするのです。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする