サイトのトップに戻そう

[`evernote` not found]

とあるアフィリエイト コンテストで受賞したアフィリエイト サイトの「受賞ページ」を眺めていて気がついたのですが、「このページしかないの?」という作りのページが結構ありました。

受賞ページから他のページに、どうやって移動したらいいのか、なかなか分からないのです。「アフィリエイト コンテスト用に一ページだけ作ったのだろうか?」とも思いまして、アドレス欄のURLから判断して、ひとつ上のディレクトリ階層のURLを直接指定してみると、そこからは受賞ページにリンクが張られています。ということは、アフィリエイト コンテスト用だけに作ったページではないのです。


そこで、また先ほどのページに戻ってよく見ると、下の方に小さな赤いフォントで、そこのサイト名らしきものが書かれていて、それがそのサイトのトップページに戻るリンクでした。最初にページを見回したときに、その赤い文字には気が付いていたのですが、それは単なるコピーライトだと思っていました。まさかリンクだとは思いませんでした。

このアフィリエイト サイトの運営者は、初めてそのページにランディングした(検索エンジンなどから直接訪れた)人が「そのアフィリエイト サイト名をあらかじめ知っている」とどうして分かっているのでしょうか。そんなに有名なアフィリエイト サイトだったのでしょうか。でも、私は知りませんでした。

また、なぜ赤い文字色にしていたのでしょうか。しかもすごく小さな文字で。きれいだからでしょうか。デザイン的に調和がとれているとか。でも、リンクだと一目で分からないのでは、リンクとしての役割がいまいちですよね。

また、別のアフィリエイト サイトの受賞ページでは、トップに戻るリンクが、きれいな花のバナーになっていました。バナーには、ホームとかトップとかという文字は書かれていません。が、マウスカーソルを乗せると「ホーム」とバルーン表示されました。カーソルを乗せなければ何なのか分からないのでは、案内標識としては役に立ちません。せめてアフィリエイト サイト名くらい書いておいて欲しいですし、テキストでのリンクも欲しいです。

あなたのアフィリエイト サイトを訪れる人は、トップページから来るとは限りません。検索エンジンのワード検索でやってきた人は、階層の深いページに直接ランディングすることの方が多いのです。

そういう人達が、上記のようなページ見たら、他のページを見てはもらえないと思った方が正解ですよね。そこですぐに商品を買うか、検索エンジンに引き返すか、どちらかです。「ここのページは、商品について詳しく説明しているな。他にどんな商品が?」と思ってしばし考え、面倒になって引き返してしまいます。これって、もったいないですよね。

最初のページには間違いが三つあります。リンクの色を規定値(デフォルト)の青ではなく、赤にしてしまったこと。トップページに戻るリンク文字(アンカーテキスト)をアフィリエイト サイト名にしてしまったこと。リンク文字を他の文字より、あまりに小さくしたこと。

二つ目のページの間違いは、言わずもがな、ですよね。

リンクはリンクと分からなければ意味がないのです。作った本人が分かっていても無意味です。とくにアフィリエイト サイトを案内するために必要なリンクは、よく考えて作らなければなりません。道路標識が市町村ごとにまちまちだったら、交通事故が絶えないのと同じで、決めごとは勝手に変えてはいけません。「リンクは青」がハイパーテキストの決まりですので、これは変えてはいけないのですね。

それと、「トップに戻る」とか「ホームに戻る」という表示は、分かりやすくていいのですが、たくさんのサイトのページ情報を集めている検索エンジンの巡回ロボットは、「トップに戻る」というアンカーテキストを見つけると、そのリンク先には「トップに戻る」という情報が書かれていると判断します。「ホームに戻る」というアンカーテキストの先には「ホームに戻る」に関連する情報があると判断するわけです。これも、もったいないです。

できれば、「トップに戻る」という先には、アフィリエイト サイト名やアフィリエイト サイトの特徴につい
ての情報があると判断して欲しいですよね、巡回ロボットには。そういう場合には、「アフィリエイト サイト名 サイトの特徴 売っているもの」などのアンカーテキストも使って、トップページにリンクしてやるといいのです。リンクは二つあってもいいのですから。こちらは小さい文字でかまいません。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. morebass より:

    そのページのトップに戻るリンクで、そのサイト名を使うのは、ある種のSEOかも知れません。そのサイト名が検索対象とされる単語を含んでいれば、たぶんそうだと思います。