とりあえずやってみる

[`evernote` not found]

本などで知識を得た後、それを実行してみる人は1%に過ぎないそうです。残りの99%の人は「なるほどね~」で済ませてしまっているわけです。これがトリビアの泉のような雑学知識でしたら、それでもいいのですが、ビジネス関係だと、いくら知識を得ても実行してみなければ何も始まりません。

かといって、経験のないビジネスに大金をつぎ込んで失敗するのは、これはかなり嫌ですよね。それで本を読んだりネットで調べたりして、失敗しない準備をするのですね。急いては事をし損じますから。


でもですね、準備というのは「よし、これで大丈夫!」と言い切れることは、あまりありません。

どうしてこんな事を書き始めたのかというと、「アフィリエイトを始めたいけれど、ホームページを作ったことがない」という理由で躊躇している人が意外に多いみたいだからなのです。

私は「とりあえずやってみる」ことをお勧めします。

アフィリエイトは、本業を辞めなくても始められます。楽天広場などには、ホームページを作ったことはないけれど、とりあえず始めました、という人が結構います。ですので、敷居はかなり低いはずです。失敗しても失うものは、それほど多くはありません。というより、ほとんど失うものはありませんよね。

逆に、アフィリエイトを始めると、必要に迫られてHTML言語を覚えたり「もっと格好良くしたい」という思いから、HTMLエディタの使い方がうまくなる、というような、自分にプラスになるものが身に付いたりして、いいことの方が多いのではないでしょうか。

楽天広場で、アフィリエイト関係のテーマで日記を書いて仲間を増やすことも出来ますし、実際みんなそうして情報交換をしたり、技術の助け合いをしていて楽しいですよ。

私はプログラマをしていましたが、「とりあえずやってみる」ことは、よくありました。コンピュータープログラムは、実際に書き始める前に、かなり考えるものなのですが、「これで完璧!」ということは、まずありません。そこで、適当に切り上げてコーディング(プログラムコードを書くこと)を始めてしまうことが、結構ありました。後で酷いプログラムになって困ったことも、当然あります。でも、そうなってから気がつくアルゴリズム(演算手順)もあるんですね。(たいしたプログラマじゃない?ほっといてください)

今ではプログラムを書くのは、CGIスクリプトを書くときくらいですが、やっぱり「とりあえず」書き始めています。意外と何とかなるものです。プログラムを書くのは今でも好きですしね。

初心者の方は、とりあえず、楽天アフィリエイトから始めてみては、いかがでしょうか。

アフィリエイトの場合、「とりあえず1%の仲間に入る」ことは、思いの外簡単ですよ。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする