商品説明の仕方2

[`evernote` not found]

アフィリエイト サイトを運営しているあなたは、買ったことのない商品についての、使用感、効能、よい噂、悪い噂などをどうやって説明すればいいのでしょうか?商品をいちいち買って試してみるわけにはいきません。

そうであれば、できることは、たったひとつです。アフィリエイト サイトを運営しているあなたが調べたい人に代わって、調べてあげればいいのです。


本当のところ、自分で使ったことのない商品については、実際の使用者としての意見など書けるはずがありません。もし自分が使ったことがあるようなウソの文章を書いてしまうと、読んでいる人はそれを感じます。なんとな~く分かるものです。

アマゾンのレビューを見ていて、昨日こんなのを見つけました。IH炊飯ジャーのレビューです。

「IHってすごいんですね。IHで何がすごいって聞かれても分かりませんが、おいしいです。 ただ仕事に出かける前に予約をセットし、ちょうど炊けてるなあと思って帰ってみると、ちょうど炊飯開始されていました。こんなこと当たり前ですか?セットした時間にちょうど炊けているほうがIHらしい気がしますが、勝手な言い分でしょうか」

このレビューは、実感がこもっていて、ウソだとは思えませんよね。
(でも象印のサイトで調べた限りでは、誤操作っぽいんですけど、どうかな)

このような文章は本当に買った人でなければ書けません。ですから、アフィリエイト サイトを運営しているあなたは、無理をする必要はないのです。

「この商品を買いたいと思っている人だったら、どんなことが知りたいのだろう?」と想像して、知りたいに違いないと思うことをできるだけの手段で調べて、説明してあげればいいのです。このときには、あなたは「売れるための情報」を探してはいけません。それでは、メーカーやショップと同じになってしまいますから。あくまでも購入したい人の目線、視点で情報を探すことが、アフィリエイト サイトでは大切です。

※商品のいい点を書くなといっているのではありませんよ。それを書くのは、アフィリエイト サイトとしては当たり前です。そのうえでさらに、という意味です。

そうして集めた情報のなかに、悪い噂があったときには、どうしたらいいでしょう。あなたが「この商品はダメかも」と思うようなものなら、取り扱わない方がいいかもしれません。「このくらいなら、私なら買ってもいいな」という商品であるなら、その悪い噂を、紹介してもその商品はきっと売れます。そして、その噂をあなたのアフィリエイト サイトで知ってその商品を買った人は、あなたのサイトをものすごく信用するようになります。そう思いませんか?

そういうわけで、あなたがアフィリエイト サイトで商品を説明するときには「わたしがこの商品を買いたいとしたら、どんなことが知りたいのだろう?」と考え、あくまで商売気抜きで(これが大切)、購入者のための情報を探して紹介すると、それがきっと一番の商品説明になります。

実店舗でも、何から何まですべての商品を使ったことのある店員さんや店長さんなんて、まずいないですよね。彼らは豊富な商品知識を持っているだけのことの方が多いんです。それは彼らが学んだことであって、実体験であることは希です。それでも買い物をするときには、私たちは店員さんにその商品について訊きますよね。そのときに私たちが求めているのは、豊富な知識に裏打ちされた的確なアドバイスです。実体験が聞きたいわけではありません。もちろん、実体験であればなおいいのですが、それが無理なときは、アドバイスで満足します。

インターネットで商品に関する情報を探している人も、アフィリエイト サイトの運営者であるあなたがすべての商品を試したことがあるとは思っていません。彼らがあなたの情報に価値を見いだすのは「一生懸命調べてある」と感心したときです。

本当のところ、自分で使ったことのない商品については、実際の使用者としての意見など書けるはずがありません。もし自分が使ったことがあるようなウソの文章を書いてしまうと、読んでいる人はそれを感じます。なんとな~く分かるものです。

アマゾンのレビューを見ていて、昨日こんなのを見つけました。IH炊飯ジャーのレビューです。

「IHってすごいんですね。IHで何がすごいって聞かれても分かりませんが、おいしいです。 ただ仕事に出かける前に予約をセットし、ちょうど炊けてるなあと思って帰ってみると、ちょうど炊飯開始されていました。こんなこと当たり前ですか?セットした時間にちょうど炊けているほうがIHらしい気がしますが、勝手な言い分でしょうか」

このレビューは、実感がこもっていて、ウソだとは思えませんよね。
(でも象印のサイトで調べた限りでは、誤操作っぽいんですけど、どうかな)

このような文章は本当に買った人でなければ書けません。ですから、アフィリエイト サイトを運営しているあなたは、無理をする必要はないのです。

「この商品を買いたいと思っている人だったら、どんなことが知りたいのだろう?」と想像して、知りたいに違いないと思うことをできるだけの手段で調べて、説明してあげればいいのです。このときには、あなたは「売れるための情報」を探してはいけません。それでは、メーカーやショップと同じになってしまいますから。あくまでも購入したい人の目線、視点で情報を探すことが、アフィリエイト サイトでは大切です。

※商品のいい点を書くなといっているのではありませんよ。それを書くのは、アフィリエイト サイトとしては当たり前です。そのうえでさらに、という意味です。

そうして集めた情報のなかに、悪い噂があったときには、どうしたらいいでしょう。あなたが「この商品はダメかも」と思うようなものなら、取り扱わない方がいいかもしれません。「このくらいなら、私なら買ってもいいな」という商品であるなら、その悪い噂を、紹介してもその商品はきっと売れます。そして、その噂をあなたのアフィリエイト サイトで知ってその商品を買った人は、あなたのサイトをものすごく信用するようになります。そう思いませんか?

そういうわけで、あなたがアフィリエイト サイトで商品を説明するときには「わたしがこの商品を買いたいとしたら、どんなことが知りたいのだろう?」と考え、あくまで商売気抜きで(これが大切)、購入者のための情報を探して紹介すると、それがきっと一番の商品説明になります。

実店舗でも、何から何まですべての商品を使ったことのある店員さんや店長さんなんて、まずいないですよね。彼らは豊富な商品知識を持っているだけのことの方が多いんです。それは彼らが学んだことであって、実体験であることは希です。それでも買い物をするときには、私たちは店員さんにその商品について訊きますよね。そのときに私たちが求めているのは、豊富な知識に裏打ちされた的確なアドバイスです。実体験が聞きたいわけではありません。もちろん、実体験であればなおいいのですが、それが無理なときは、アドバイスで満足します。

インターネットで商品に関する情報を探している人も、アフィリエイト サイトの運営者であるあなたがすべての商品を試したことがあるとは思っていません。彼らがあなたの情報に価値を見いだすのは「一生懸命調べてある」と感心したときです。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする