AIDASモデル

[`evernote` not found]

AIDASモデルとは、消費者がモノを買うときの、つまり消費行動の心理プロセスをモデル化したものです。

商品購入の行動パターンですのでアフィリエイトでも応用できます。

消費者は以下の5段階のプロセスを経て商品を買って固定客になるといわれます。

A:Attention (注意)
I:Interest (興味、関心)
D:Desire (欲求)
A:Action (行動)
S:Satisfaction (満足)

A:Attention (注意)
消費者は全く知らないモノを買うことはできません。そこで消費者の注意を引き、商品の存在に気付いてもらいます。

I:Interest (興味、関心)
次にその商品に興味や関心を持ってもらいます。人間は全く興味のないモノは買いませんので。

D:Desire (欲求)
興味があっても「欲しい」と思えないモノも人間は買いません。「欲しい」というのは感情ですので、理詰めの説得では商品は売れません。

A:Action (行動)
購入するという行動を起こさせます。行動を起こしてもらいやすいように「特典」や「期間限定」などのオファーを用意することもあります。

S:Satisfaction (満足)
人間は商品を購入した後に「本当にこの商品を購入してよかったのだろうか」という不安感を抱きます。その不安感をアフターフォローで解消させてあげることにより、消費者を固定客(リピーター)に育てることができます。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする