ノウハウの意味


ノウハウ本を買おうとしている人の中には「あれも役に立たなかった、これも役に立たなかった。あなたの本は役に立ちますか?」という質問をする人がいます。こういう質問をする人は、アフィリエイトでもネットショップでも、とにかく自分が主体的に何か行動しなければ結果が出せないようなビジネスには手を出さない方がいいです。

私の経験では、この世に買って損をするという本は一種類しかありません。同じ本をそれと気が付かずに再度買ってしまった、二冊目の同じ本です。それ以外の本は全て役に立っています。数百円の雑誌から数万円のノウハウ本まで、全く役に立たなかったという本はありません。

オークションでビジネスセミナーのカセットテープを出品している人に、そのテープが同じコンサルタントの別なテープと内容が重複していないか質問している人がいました。私には理解できません。内容が重複していると何か支障があるのでしょうか。テーマのほとんどが重複している内容でも、ほんの少しだけ違った言い回しから心に感じるものがあれば、もし私なら、それは充分な収穫だと感じます。

実は私が「自分でノウハウ本を書いてみよう」と思ったきっかけは、3万円でインターネットで買った情報起業のノウハウ本でした。

「そんなにすごかったの?」

いえいえ。全く役に立たない内容だったのです。はっきり言ってそのときは「俺の方がまだましな情報起業ノウハウが書けるよね」と思いました。でも私はその本を買って損をしたとは思いませんでした。内容にはガッカリしましたが「こんな本でも買う人がいるんだね」ということに感心しました。ま、自分も買ったわけですけど。

私は、アフィリエイトのノウハウ本を買って、その内容を実行してみた結果「手間と時間ばかりかかる割には、書いているような成果が出ないね」と思い、さらに別なノウハウ本を買って、再び実行してみた結果「ダメですね。やっぱりオリジナルコンテンツが必要なのかな」と思っていました。その後、新しい情報を探し、試行錯誤をして、自分なりのやり方を見つけることが出来ました。「この方法なら、普通の人でもアフィリエイトで稼げるでしょ」という方法を作ることが出来たのです。

その「普通の人でもアフィリエイトで売れる方法」をノウハウとして売れないかな、と考えていたので、情報起業のノウハウを買ったのです。そのノウハウ本のおかげで、すぐにノウハウを書き始める気になりました。文章力などに多少自信がなかったのですが、その本を読んだおかげで気が楽になりました。「内容に自信があれば充分」という爽快な気分でした。

情報起業のノウハウ本には、やる気と自信を付けてもらえました。それに、その内容にガッカリしたのは、既に知っていることしか書かれていなかったからですが、再び別な本で読むことにより、より理解が深まったことは事実でしょう。また、もし初めて知った内容だったら感心したに違いありません。

アフィリエイトのノウハウ本にしても「俺には独自コンテンツなんて無理」という気付きを与えてもらえました。それに気が付かなければ、いつまで経っても先に進めなかったでしょう。「俺には独自コンテンツなんて無理」という気付きがあればこそ、他の方法を探して実践してみることによって、自分なりの方法を見つけるという、ひとつのブレイクスルーへと繋がったのです。

これは、ノウハウ本に限らず「本の価値というのは、読む人の知識や経験によって全く異なる」ということを意味します。「あれも役に立たなかった、これも役に立たなかった。あなたの本は役に立ちますか?」という質問をする人は、ノウハウ本の読み方を明らかに間違えています。ノウハウで重要なのは「実践してみる」ということです。実践してみなければ書かれていることの本当の意味など分かりようがありません。それも納得できるまで、とことん実践してみることです。そうすると、ノウハウ本の行間に書かれている本当の意味合いが分かるようになります。実はその部分こそがノウハウ本の神髄であったりするのです。

私もビジネスセミナーのカセットテープを買って聞きます。そのセミナーのコンサルタントが出版した書籍の目次通りに話が展開するものも多いです。それでもテープを買って聞くのは、話の仕方から本とは違った気付きを得られることがあるからです。そうしたら、早速それを実践してみます。そうすると必ず得られることがあります。

ノウハウが役に立たないという人は、いったいどんなノウハウ本を求めているのでしょうか。もしかしたら、億万長者の書いたノウハウ本を読んだら自分も億万長者になれるとでも信じているのでしょうか。それだったら既に数多くの著名なお金持ちのノウハウが販売されていますよね。そういうノウハウを買って、とことん実践すると百万長者くらいにはなれるかもしれません。どうしてそうしないのでしょうか。

それは「億万長者にはなれるわけがない」と思っているからです。だから買わないし実践しないのです。どんなノウハウであれ、実践しなければ何の役にも立ちません。

ノウハウを買うということは、自分の将来を買うということです。自分に投資するということです。自分の将来を買うときに「これは私の将来に役立ちますか?」と人に訊くような人は、どうかしているとは思いませんか。そういう意味では、全く役に立たないノウハウ本などないのです。ほんのわずかな自己投資にさえ確実なリターンを求める人は、どんなノウハウであれ、ノウハウは買わない方がいいです。自己投資に使うお金にリスクを感じるようなら、商売なんかしない方がいいです。

こうしてみると「あなたの本は役に立ちますか?」という質問がいかに愚問かが分かります。

「あなた次第でしょうね」としか答えようがないのですから。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする