売れない商品は売れない


インターネット・ショップ、実店舗、いずれの場合でも、売れない商品は売れません。売れない理由は色々あるでしょうが、とにかく売れない商品は売れないのです。

売れない商品を必死になって売ろうとすると、もっと売れなくなります。

自分がその商品を売り付けられる立場に置き換えてみると、もっと売れなくなる理由が簡単に理解できます。

売り手が必死になればなるほど「売れていないんだな」という雰囲気が伝わります。売れていない商品を欲しがる人はまれです。

だいたい、欲しくもないものを売り付けられること自体が嫌ですし、欲しいと思っていたものでも「売り付けられる」と思った瞬間に、人間は警戒して引いてしまうものです。

人がモノを買うのは、それを「欲しい」と思うからです。欲しいと思わないものは、どんなに説得されても買いたいとは思いません。ところが、商品が売れないと、何とか売ろうとしてお客様を説得しようとしがちです。逆効果です。

ですので、売れない商品を売ることはとても難しいのです。

では、売れている商品なら売れるのかというと、これがそうでもありません。売れている商品は多くのショップ、サイトで取り扱っているからです。結果として、売れている商品は人気のあるショップやサイトでは売れますが、アクセス数の少ないサイトでは売れにくいのです。

アクセスがあまりないサイトでは、競争が激しい売れている商品を売るのは難しいのです。つまり、世間で人気の商品がどのサイトでも売れるとは限らないのです。

商材探しは結構難しいのです。売れない商品を必死になって売るような事態は避けなければなりません。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする