売れる商材の探し方


2:8の法則というのを聞いたことがあると思います。パレートの法則ともいいます。

この法則は、イタリアの経済学者パレートが発見したもので、全体の2割の高額所得者が社会全体の所得の8割を占めるという経験則です。

今ではこの法則は様々な事柄に当てはまることが分かっています。

会社で販売する全商品の2割が残りの8割の売上げを占める。

会社全利益の内の8割を稼ぎ出すのは2割の社員の働きで、残りの8割の社員は全利益の2割しか稼がない。

蟻の群れ全体の2割だけがよく働き、残り8割の蟻はほとんど働かない。

パレートの法則では、全てを平均的に同じ価値にする努力は報われないことを示しています。

『全商品の2割が残りの8割の売上げを占める』のです。

ですから、商品を選択するときに「売れる商品だけそろえよう」というのは無駄な努力です。最初からそういうアプローチを取るのは得策ではありません。もちろん全体的に売れる商品だけを選択できれば利益は大きくなります。でもそれでも、その売れる商品の中の2割が残り8割の売上げを占めることには変わりはありません。

ではどうすればいいのでしょうか。

あなたが商品選択について詳しくないのなら「しらみつぶし」が一見非効率的ですが、実は有効です。取り扱える商品を片っ端から売ってみるのです。

売れそうだとか売れそうでないとかは無視します。買うか買わないかは顧客が決めることですから顧客に選んでもらえばいいのです。

しばらくすると売れる商品と売れない商品が分かってきます。顧客があなたのサイトで売れる商品を教えてくれたのです。あなたのサイトで売れる商品が分かってきたら、その商品に共通する商品の品揃えを充実させる一方、全く売れない商品は引っ込めます。

しばらくすると、また売れる商品に偏りが出てきます。顧客があなたのサイトで「もっと売れる商品」を教えてくれたのです。

「もとに戻る」です。

この繰り返しをすることによって、あなたのサイトで売れる商品の傾向がはっきりしてくると同時に、全く売れない商品が取り除かれ、全体としての売れ上げの平均が押し上げられます。結果、全体としては次第に売上げが大きくなっていくのです。

でも、あなたのサイトへの訪問者の絶対数が少ない時に、商品選択の幅を狭めることは危険です。売れる商品は顧客に訊くのが一番です。そのためには商品の数をたくさん増やして顧客を呼び込むことが大切です。そうしなければ、そもそも「顧客に訊く」ことが出来ません。

ですから、サイトを作り始めたら、商品を増やすことを第一に考えてください。そうするとアクセスも増え、顧客も商品を選ぶことが出来ます。商品選びのテクニックが有効になるのは、サイトへの訪問者がある程度増えてからのことです。

テクニックに走りすぎないのもテクニックのうちです。そうしないと、商品選択のテクニックに失望した瞬間に、インターネットでモノを売るという熱意を失ってしまわないとも限りません。テクニックは有効ですが、頼りすぎるのは危険です。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする