コーヒーを飲むと癌になりにくい

[`evernote` not found]

コーヒーに含まれるカフェインは、血糖値を下げるインスリンの分泌をもたらし糖尿病に効果がある。

また、コーヒー中のクロロゲン酸には、体内の活性酸素を抑制する働きがあり、癌の予防などに効果がある。

日本免疫学会で発表された調査によると、コーヒーを一日一杯以上飲む人は、全く飲まない人に比べ、肝臓癌になる危険性が六割程度だった。

当然、飲み過ぎは体によくない。

(以上、日経新聞 NIKKEI プラス1 から)

こういう豆知識は、同じ効果がある健康食品を紹介するときなど、直接効能を書けないときに横に書いておくと便利です。

それに、その知識自体きっと喜ばれますよ。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする