一目で内容が分かるページ構成


あなたのサイトを訪問した人は、一瞬でそのページに自分の求める情報があるかどうかを判断します。ですので、ページは一見して内容が分かるような構成になっている必要があります。

一目見てそのページに何が書かれているか分かるページは、人に対してだけでなく、検索エンジンに対しても親切なページになります。検索エンジンは、多くの人の役に立つページを表示することをサービスとしているのですから当然です。

ページは次のような構成にすると分かりやすくなります。

タイトルは、そのページの概要を端的に示すものにします。ページのタイトルは、人が一番最初に目にするものですので極めて大切です。

文章の構成は、新聞記事のようにしたらいいのです。つまり、大見出し、要約、詳細の順に書くのです。

ウェブサイトのページは、左上から右下に読み進むように出来ています。ですから、文章もそのように構成します。つまり、この文章のように単純に目で追える構成がいいということです。検索エンジンも同じように読みます。

大見出し、要約、詳細は、字の大きさを変えるほか、行を空けるなどしてメリハリを付けるようにするとわかりやすくなります。

大見出しを書くタグは、

です。要約は、

などを使って書きます。そのページの内容に関連する大切な単語は数度繰り返されますが、それはページを分かりやすく構成した結果です。こうした単語は検索エンジンも同じようにそのページにとって重要な単語だと見なします。

こうすると、上から下までバランスよくきれいにまとまります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする