テキストリンクの役割


他のページへのリンクを張ってある部分をアンカーといいます。

ページで文章を読んでいる人は、そのリンク部分、アンカーが設定されているところをクリックして他のページへ移動したり、そのページを参照したりします。

アンカーを設定している部分の文章が「こちら」とか「ここ」などとなっているページを見かけることがありますが、そういう単語ではリンク先に何があるのか、そのアンカー部分の前後を読んで判断しなければなりません。

アンカーが設置されている部分は「リンク色(規定値は青)」で表示されますので、他の部分より目立ちます。

そうであるのなら、リンク部分の文章は、そこをクリックしたときに何が表示されるのか一目で分かるようにしておいた方が親切です。「こちら」とか「ここ」というより、「検索エンジンGoogle」などというようにリンク先の内容やサイト名全体にリンクを張ってアンカーにした方が分かりやすいページになります。

このアンカーは検索エンジンも重視しています。検索エンジンではアンカー部分の文章に書かれているものがリンク先にあると見なします。ですので、「こちら」とか「ここ」にリンクを張ってしまうと、検索エンジンは、そのリンク先には「こちら」とか「ここ」に関する情報があると判断します。

検索エンジンは、ページの内容を読んでそのページが何について書かれているのかを判断しているだけでなく、リンク元のアンカーテキストもページの内容の判断基準にしているのです。

あなたのサイト内のページ間移動のためのリンクの場合でも、アンカーテキストを「次のページ」「前のページ」などとすると、検索エンジンは、そのリンク先の内容が「次のページ」「前のページ」に関する説明だと思うかもしれません。

アンカーテキストにあなたのサイトのページ内容を使うだけで、訪問者にも検索エンジンにも優しい作りのページになります。

こうしたアンカーテキストは、検索エンジンが検索単語でページを表示するときの判断基準にもなっています。ですので、アンカーに使うテキストは意識的に考えて決めるようにした方がいいのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする