検索結果で上位表示させる

[`evernote` not found]

アフィリエイトの始め方で、サイト名がどのようなキーワードに分割されて検索エンジンロボットに認識されるのかを「Google日本語チェッカー」で調べる方法を紹介しました。

○Google日本語チェッカー
http://ezaffiliate.net/google/

もし、まだ「Google日本語チェッカー」を試していないのでしたら、是非試してみてください。なかなか思い通りのキーワードに分割してくれないことが分かると思います。それには理由があります。


検索エンジンロボットは英語圏で作られましたから、英語の文章を解析するのは得意です。それに、英語自体が分析しやすい言語です。英語は単語間にスペース、ピリオド、カンマなどが入りますから、そこで分割すると簡単に構成キーワードが分かります。ところが、日本語の場合は句読点で分割するだけではキーワードを抽出することが出来ません。

例えば、英語の「We are just looking.」は、we are just looking に容易に分割出来ます。ですが、日本語の場合「見てるだけ~」を分割する一番簡単な基準は経験則です。厳密に分割する場合には文法を解析する必要があります。

単純にどのようなキーワードで文章が構成されているのかを知りたいだけのときでも、厳密に構成単語を分けるときには、日本語では文法を考慮しなければなりません。それは、句読点を入れなくても、日本語では意味の通じる文章を書くことができるからです。これは、文字の種類が多いから出来ることです。人間は文章のイメージを脳で解析して瞬時にどういう文法で文章が構成されているかを知り、構成単語も知ることが出来ます。

そのうえ、現代日本語では中国語と違い、「漢字」「ひらがな」「カタカナ」を混在させることも出来ますから、より容易に構成単語を知ることが出来るのです。英語の場合は、Wearejustlookingと書いたら、とても読みにくいです。たった26種類の文字でスペースを空けないで文章を書いたら暗号みたいですね。英語の場合はスペースがあるから比較的容易に読むことが出来るのです。

このように英語の場合は、基本的にスペースで各単語を分けてキーワードとして、検索エンジンロボットは認識します。それで、ほとんど間違いはありません。では、日本語のサイト名を、意図したようなキーワードの構成として、検索エンジンロボットに認識してもらうにはどうすればいいのでしょうか。

それには、日本語が「漢字」「ひらがな」「カタカナ」を混在させることが出来ることを利用するといいのです。

漢字単語+ひらがな+漢字単語

漢字単語+カタカナ

みたいな感じです。

後は、「Google日本語チェッカー」などを有効活用することです。

あなたのサイトにリンクを張る人の多くは「サイト名」でリンクすることが多いでしょう。サイト名に検索されたいキーワードが含まれていると、検索結果で、そのキーワードで上位に表示されるようになります。

サイト名はとても重要ですから、じっくりと考えて付けてください。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする