サイトのトップに扉はいらない


ネットサーフをしていると、トップページが「扉」になっているウェブサイトをたまに見かけます。

扉のなかで一番多いのは、FLASHを使っているページで、他にはサイトの運営者がデジタルカメラで撮ったと思われる写真や、画像処理ソフトで作った画像などがあります。

大抵の場合、そういうものはとても重く、アナログモデムなどを使っている場合などの通信速度の遅い環境では、ページの表示にとても時間がかかります。

もし、あなたのサイトのメインコンテンツがFLASHや風景写真やオリジナル画像だとしても、トップページに「重い扉」を置くのはよくありません。

その画像などが、あなたの会心の一作だとしても、サイトを訪れた人に強制的にそれ見せることは、その人に嫌がられるだけです。あなただって強制的に自分が好きでもない画像を見せられるのと、いい気分はしないでしょう。

あなたのサイトを訪れる人達の目的は、あなたのお気に入りの作品を「見せられること」ではなくて、自分のお気に入りの情報を「見つけること」です。訪問者は、どんなコンテンツがあるサイトなのかを早く知りたいのです。「重い扉」を玄関先に置いて、訪問者が中に入る邪魔をしてはいけません。

「扉」を見ただけで、そのサイトに入るのをやめて他のサイトに行ってしまう人は、私も含め、結構多いのです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする