cache

[`evernote` not found]

アクセス解析ログを見たときに、検索エンジンからのリンクに「cache」という文字列が含まれていることがあります。

http://cache.yahoofs.jp/search/cache

http://66.102.7.104/search?q=cache

などです。

上はYahoo! Japan 下はGoogleのキャッシュ表示です。

いずれも検索結果で表示されたページのキャッシュを表示させる機能ですが、なぜ検索者は「キャッシュ」をクリックしたのでしょうか。

一番考えられる可能性は、

「検索したキーワードがページの中に見あたらなかった」

でしょう。

そのキーワードが見あたらなかった原因が、あなたがそのページを更新したときに意図的に削除したということであれば問題はありません。

必要がなくなったので削除したキーワードであるときは、別にいいのです。

ですが、そのキーワードを意図的に削除したということではなく、ページにはまだ残っていて、しかもそれが商品に関係する単語であるときには、ページを見直した方がいいかもしれません。

キャッシュを表示させるとキーワードが黄色などでハイライト表示されます。そのページのキーワードがより分かりやすくなるわけです。

ということは、検索者が最初にそのページを見たときには、
「キーワードがどこにあるのかよく分からなかった」
という可能性があります。

そのキーワードが、あなたが検索してもらいたかったキーワードである場合には、これはちょっと困った事態です。

ですので、ページを見直してキーワードがすぐに分かるようにしてあげるといいのです。

[`evernote` not found]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする