アフィリエイトとは


アフィリエイトとは、インターネット上にホームページを持っている個人(または法人)が、成果報酬広告という形で商品を宣伝したいEC(電子商取引)ショップや企業と提携し、それが売れたときなどに対価として販売代金の数%を受け取るアフィリエイト・プログラムという広告形態の一般呼称です。

アフィリエイトという言葉自体は、「提携する」とか「加入する」という意味の英語で、プログラムに参加している人は「アフィリエイター」とも呼ばれます。

アフィリエイトでの成果には、商品の売り上げとは限らず、パンフレットなどの資料請求や会員制サイトの会員登録も成果対象になるなど、色々あります。

一般に、テレビや新聞雑誌などに掲載されている広告の場合は、広告を出しただけで広告費用の支払いをする必要がありますが、成果報酬広告の場合には広告を出したという事実だけでは広告費用を支払う必要はありません。成果報酬広告(アフィリエイト)で広告の代金が支払われるのは「広告を出したことによる効果が認められたとき」で、その点が従来の広告と異なります。

広告の効果がない場合には広告費の支払いをしなくてもいいので、大企業に限らず中小規模の企業やECショップでも予算内で効果的な宣伝活動が出来るので注目されているのです。

以上をまとめると、アフィリエイトとは、企業やショップなどが、商品やサービスをホームページの運営者に宣伝してもらい、商品が売れたときなどに、あらかじめ取り決められた金額や掛け率の対価(成果報酬)をアフィリエイト・サイト(アフィリエイター)に支払うという広告形態ということになります。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする