HP作成ソフトを用意する


ホームページを作るためには、テキストエディタなどでHTML言語を自分で書くか、視覚的にホームページを作ることができるホームページ作成ソフトを使う必要があります。

ホームページをテキストエディタだけを使って、自分でHTML言語を書いて作っていくのは、さすがに労多くして益少なしです。時は金なりともいいますしね。ただし、HTML言語が全く分からないと、アフィリエイト用の識別コードを埋め込んだHTMLソースの貼り付けに失敗することも考えられますから、基本的なことについては知っておく必要があります。

また、ホームページ作成ソフトを使ってホームページを作るといっても、見栄えのいいページを作ろうとすると、どうしてもHTML言語の知識が必要になってきます。ホームページ作成ソフトは、時間を有効に使ってホームページを作るための道具としては優れていますが、万能ではありません。どんなホームページのデザインにして、どんなディレクトリ(フォルダ)構造にして、操作性をどうするかなどは、人間が考えなければなりません。考えるためには「HTML言語を使ったらどういうページを作ることが出来るか」を理解している必要があります。それは、基本的なHTML言語についての理解が必要だということとほぼ同じ意味と考えていいのです。

アフィリエイトでホームページ作成ソフトを選ぶ場合、HTMLソース(コード)を自分で書き換えることができるものを選ばなければなりません。ホームページ作成ソフトのなかにはHTMLソースをページの編集中に勝手に書き換えてしまうものもあります。そのようなソフトは使えませんので注意が必要です。

ホームページ作成ソフトのなかで、Dreamweaver 、ホームページ・ビルダー(ver.7以降)、FrontPage(2000以降)などが一般に定評があるようです。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする